丸見え経営で日本一の安さを追求!人事破壊を実践した21世紀の会社(株)21
 
  
 
 
  登場人物
 
 
学生(男)
学生(女)
社長
 
記者
発明者
影の相談役

 
 
税務官
制服ワン太
Fitワン太
 
眼科医師
コンタクト
責任者
お客様
 
地元の
社長さん
    
 
 
 
02_面接(2)
 面接時にお受けした質問に対する回答集(2)です。
学生さん
学生さん
『会社の利益が少ないのに、新規出店が可能なのですか?』
 
社長
社長
『いい質問ですね。 ワン太よ。 おまえならどう答える?』
 
『小売業は現金商売ですから資金繰りが容易です。
(株)21は減価償却を定率で行ない、
しかも、お店には、必ず共同経営者がいて共同出資をしますので、
優秀な人材がいれば幾らでも出店できます。
 
また、銀行地主論により金融機関からの融資で不動産購入し通常
賃貸家賃に比べて格安の経費で出店しています。』
 
ワン太
ワン太
『減価償却とは、お店の内装や設備は古くなっても
使用できますが、古くなった分を経費で落とせ、
現金化できることなんだって。』
 
『現金商売とは、お客様から現金を頂き、取引先には月末締め
で翌月末に支払うことで、キャッシュフローが増えて資金繰り
が容易なんだ。』
 
『銀行地主論は融資していただいた金融機関を地主様とみたて
 金利・税を家賃に看做す理論なんだって。』
 
 


 
Copyright(C) 2008 人事破壊を実践した21世紀の会社(株)21 All Rights Reserved.