日本一の安さと社員の幸せを追求!人事破壊を実践した21世紀の会社(株)21
 
  
 
 
  登場人物
 
 
学生(男)
学生(女)
社長
 
記者
発明者
影の相談役

 
 
税務官
制服ワン太
Fitワン太
 
眼科医師
コンタクト
責任者
お客様
 
地元の
社長さん
    
 
 
 
02_面接(2)
 面接時にお受けした質問に対する回答集(2)です。
学生さん
学生さん
『どんな合理化策で「価格破壊」が実現できたのですか?』
 
社長
社長
『1.社長の役員報酬に上限を設け、社長を含め全社員が管理者に
   ならず生産者となる。
 2.購買等の稟議書を無くし、許可制を廃止。』
   
『上記の「人事破壊」が「価格破壊」に大きく貢献しましたが
 一番ユニークな合理化は、内部監査を「税務署の調査」に委ねている
 事です。 内部監査システムの構築・維持管理は大きな費用が
 必要です。』

『まして、民間企業に会計監査を依頼すれば桁外れの費用が発生
 します。 税務署の調査なら、税務のプロフェッショナルが官費で
 不正をチェックしてくれます。 だから、毎年調査していただきたい
 と税務署に要請したことがあります。』

『チラシやホームページで業績や社長の報酬を告知していますが、
 税務官も自宅でこれらの情報を見ることができますから、偽りが
 あれば、直ちに指摘されるので嘘は記載できません。』
 
ワン太
ワン太
『社内監査だと仲間に甘くなるし、社長が雇う監査法人だと、手心を
 加えるのは当然だよね!!』
『公明正大な税務署の監査だと安心できちゃうね!!』
『大手の会社では、毎年の税務監査用に調査室を設けているんだって。
 (株)21も、スムーズな調査に協力するため20坪の税務調査室を
 作りました。 
 これで毎年、調査にきてくれるかな?!  と期待してるんだ!!』
 
 


 
Copyright(C) 2008 人事破壊を実践した21世紀の会社(株)21 All Rights Reserved.