丸見え経営で日本一の安さを追求!人事破壊を実践した21世紀の会社(株)21
 
  
 
 
  登場人物
 
 
学生(男)
学生(女)
社長
 
記者
発明者
影の相談役

 
 
税務官
制服ワン太
Fitワン太
 
眼科医師
コンタクト
責任者
お客様
 
地元の
社長さん
    
 
 
 
30_取材等
 テレビ・雑誌等の取材時に、記者の方よりお受けした質問に対する回答集です。
記者
記者
『無利息・無担保・無保証の資金援助までしてフランチャイズを増やす理由は?』
 
社長
社長
『(株)21の創業時代に同様の資金援助をして下さった「影の相談役」
 から、経営者を育てる喜びを学んだからです。』

『どの馬が速く走るかを当てる競馬レースが有りますが、潜在する経営
 能力を当てる方が楽しい行為だと思います。 老華僑が有望な料理人
 に多額の資金援助をする話と同じです。』

『日下公人教授は「損する人を責任者にしなさい。」と言われています。
 フランチャイズ店が倒産すると一番損をするのがオーナー経営者です。
 利益が上がれば、一番得をするのもオーナー経営者です。
 だから、ノルマの必要性も無く労務管理から開放されます。「頑張れ
 努力せよ。」と激を飛ばす必要もありません。』

『事業計画は(株)21が提供しますので、独立する人の誠実さを見抜く
 だけで良いのです。 リスクも最小限となります。 ローリスク・ローリタ
 ンなのです。』

『事務処理を最小限にする為、支払金の先延ばしで資金援助をしていま
 す。 昔は、メーカーさんや卸問屋さんが行っていた行為です。
 独立開業促進でリストラを実施しないで済みます。』

『原則は 「支援すれども保護はせず!!」 です。』
 
ワン太
ワン太
『日本の伝統的手法「暖簾分け」をシステム化しているんだ!!』
 
『御礼奉公を否定し、資金援助で独立を促すところが新しいんだ!!』
『またしても・・・ 恐るべし「影の相談役」!!』
 
 


 
Copyright(C) 2008 人事破壊を実践した21世紀の会社(株)21 All Rights Reserved.