日本一の安さと社員の幸せを追求!人事破壊を実践した21世紀の会社(株)21
 
  
 
 
  登場人物
 
 
学生(男)
学生(女)
社長
 
記者
発明者
影の相談役

 
 
税務官
制服ワン太
Fitワン太
 
眼科医師
コンタクト
責任者
お客様
 
地元の
社長さん
    
 
 
 
40_講演・取材(発明等)
 講演やテレビ・雑誌等の取材時にお受けした質問に対する回答集です。
記者
記者
『発明品のFit を、他社との協業で製品化できた成功要因を聞かせて下さい。』
 
社長
社長
『取引先を値引交渉相手と判断するか、ビジネスパートナーと位置付ける
 かが重要なポイントです。  相互信頼が無ければ協業は不可能です。
 リスクの押し付け、手柄の横取り、利得の独占は信頼が深まりません。
 失敗の許容も大切です。』

『相互信頼が有れば情報開示も口約束も安心感が有ります。
 騙されない為の契約書作りは、言葉尻の作文に手間が掛かり
 開発費を押し上げます。
 口約束だと収入印紙代も節約できます。』

『メーカー様だけで新製品を開発するより
 開発初期から小売店・販社が参加するデザイン・イン方式だと
 製品の完成度も高く、小売店・販社への販促活動が省け、
 リスク分散も図れます。』

『開発過程を社内外イントラネットで公開する事により
 開発チームの貢献度を正当に評価できます。
 しかも、後輩社員への教育も兼ねます。
 情報公開は効率を高め腐敗を防ぎます。』

『日本の得意分野である相互信頼の構築は、効率が高まり
 競争力が保てる
。と日下公人先生も著書「5年後はこうなる。」
 で教えておられます。』
 
ワン太
ワン太
『情報制限は支配に効果絶大だけど、業績・モラルアップには最悪
 なんだって、昨今の世界情勢を見ると、国の経営も同じだな〜〜と
 思っちゃいます。』
 
 


 
Copyright(C) 2008 人事破壊を実践した21世紀の会社(株)21 All Rights Reserved.