丸見え経営で日本一の安さを追求!人事破壊を実践した21世紀の会社(株)21
 
  
 
 
  登場人物
 
 
学生(男)
学生(女)
社長
 
記者
発明者
影の相談役

 
 
税務官
制服ワン太
Fitワン太
 
眼科医師
コンタクト
責任者
お客様
 
地元の
社長さん
    
 
 
 
30_取材等
 テレビ・雑誌等の取材時に、記者の方よりお受けした質問に対する回答集です。
記者
記者
『アベノミクスに対応した改革を教えて下さい。』
 
社長
社長
『「銀行地主論」だけでなく
アベノミクスが目指す地方創生を自力で行う為に
人件費・地代家賃が安い地方で付加価値を付けて都会へネット通販できる
商品を開発しました。

それは世界初の「どこでも浮くメガネ」で顔幅に合わせて仕立てますから
単なる物流改革の過当競争に陥りません。
詳しくは、こちら をご覧ください。

そして
アベノミクスの個人相続税増額に備えて
雇用確保の社員持株制で贈与税や相続税が課せられない
非課税相続システムを構築しました。
詳しくはこちらをご覧ください。

アベノミクスのインフレ政策は
為替で約2倍を達成していますから輸入品は高くなりますが
人口減少で大都市以外の地価は下がると予想しています。
また
無料同然のネット料、高速道路整備の格安運賃で
ネット通販は拡大し店舗販売が縮小すると予測できます。

そこで
アベノミクスで景気が回復しなくても
地方の強みを活かせる
ネット通販と店舗販売の両輪で効率化を図り
最後に倒産する眼鏡店を目指しています。』
 
ワン太
ワン太
『国内で付加価値を創生すれば生き残れそうなんだって!』
 
 


 
Copyright(C) 2008 人事破壊を実践した21世紀の会社(株)21 All Rights Reserved.