丸見え経営で日本一の安さを追求!人事破壊を実践した21世紀の会社(株)21
 
  
 
 
  登場人物
 
 
学生(男)
学生(女)
社長
 
記者
発明者
影の相談役

 
 
税務官
制服ワン太
Fitワン太
 
眼科医師
コンタクト
責任者
お客様
 
地元の
社長さん
    
 
 
 
30_取材等
 テレビ・雑誌等の取材時に、記者の方よりお受けした質問に対する回答集です。
記者
記者
『パート社員の時給が異常に高いのは何故ですか?』
 
社長
社長
『創業時のパート社員は、時給 500円 だったのです。』
『創業時代は技術・知識の偏重で、常に倒産と隣り合わせだったので
 すが、知名度の低い(株)21でも接客技術を重要視すれば、成長で
 きると確信させたパート社員がいました。』
『また、初代社長がギブアップした営業店を再建したパート社員も現れ
 ました。 社長より優れた接客技術を真摯に認めて、眼鏡調整技術と
 同等の評価をすべきと判断したのです。』
『しかし、女性は男性よりも競争社会が嫌いです。 自分だけ評価され
 るのを嫌がられるのです。
 よって、時給者・日給者・女性・男性ともに経験年数が同じで同じ時間
 働けば同じ給料を支払う同一労働同一賃金方式に修正しました。』
『パート社員は、賞与の前払い方式と理解して下さい。
 入社時は 1300円 で 10年勤続で 1480円 まで昇給します。』
 
ワン太
ワン太
『看護婦さんと看護士さんが同じ給与であるように。
 眼鏡調整技術と接客技術の両方が必要な(株)21は男女同じ給与が
 正しいよね。 社長も恐れる(株)21のパートさん!!』

『これからも頑張ってネ!! 僕も時給0円でがんばりまっす!!』
 
 


 
Copyright(C) 2008 人事破壊を実践した21世紀の会社(株)21 All Rights Reserved.