丸見え経営で日本一の安さを追求!人事破壊を実践した21世紀の会社(株)21
 
  
 
 
  登場人物
 
 
学生(男)
学生(女)
社長
 
記者
発明者
影の相談役

 
 
税務官
制服ワン太
Fitワン太
 
眼科医師
コンタクト
責任者
お客様
 
地元の
社長さん
    
 
 
 
30_取材等
 テレビ・雑誌等の取材時に、記者の方よりお受けした質問に対する回答集です。
記者
記者
『会社に利益を残す方針に転換するのですか?』
 
社長
社長
『ハイ、時代の流れに合わせた経営改革です。』
 
『(株)21は会社に利益を残さず
 値下げと賞与で顧客と社員へ還元していましたが
 社会保険料増税とアベノミクスの金融緩和・法人税減税で
 顧客・社員・会社の三者へ利益を還元する方が
 「日本一の安さを追求」出来ると判断しました。』
 
『金融機関からの融資で不動産購入を行う「銀行地主論」は
 賃貸家賃に比べて1/3くらいの金利と固定資産税で
 経費が削減できます。
 
 それを値下げや賞与で還元しながら借入返済に充てます。
 その「銀行地主論」を推進するために
 金融機関を安心させる借入返済案として
 元金返済準備金の名目で会社へ内部留保します。』
        
『値下げや賞与で還元しながら最低法人税率の利益を残しますが
 内部留保が累積されても
 社員持株制で配当還元株価売買の非課税相続を実践しますので
 世代交代の経営継承もスムースに行えます。
 詳しくはこちらをご覧ください。
 
 よって
 キャッチコピーも
 
「会社に利益を残さず値下げで還元」から 
「丸見え経営で日本一の安さに挑戦」に変更しています。』
 
ワン太
ワン太
『創業30年目の大改革も「丸見え」なんだって!』
 
 


 
Copyright(C) 2008 人事破壊を実践した21世紀の会社(株)21 All Rights Reserved.