日本一の安さと社員の幸せを追求!人事破壊を実践した21世紀の会社(株)21
 
  
 
 
  登場人物
 
 
学生(男)
学生(女)
社長
 
記者
発明者
影の相談役

 
 
税務官
制服ワン太
Fitワン太
 
眼科医師
コンタクト
責任者
お客様
 
地元の
社長さん
    
 
 
 
20_大学ゼミ
 大学のゼミや色々な講演会場で、お受けした質問に対する回答集です。
学生さん
学生さん
『45歳で子供が大学に行くから、お金が必要になります。30歳で昇給がストップすると困るのでは・・・・・・?』
 
社長
社長
『将来の生活設計を考えるのはとても良いことです。』

『理論的には眼鏡士の能力は30歳で完成されますから、昇給の限度を
 30歳に設定すべきであると考えていますが、解決策は3通りあります。』

 (1) お客様に「社員の平均年齢が45歳なので高給が必要です。
     3万円以上のメガネを買って下さい。」とお願いをする。

 (2) 40歳を超えて高給が必要な社員の9割をリストラする。

 (3) 30歳までに給与を貯めて独立するか、経営陣に加わり
     成果分配を受ける。
     若しくは貯めた資金を財テクで生活費に充てる。

『勤続や年齢給の給与後払い方式は、団塊の世代を安い労賃で
 思いっきり働かせるには都合の良いシステムでした。
 しかし、(株)21はリストラ社員を採用していますし、
 公務員・大企業のように多額の退職金を約束することもできません。』

『定年退職金は絵に書いた餅で、ほとんどの人が自己都合で退職し
 僅かな退職金しか貰えないのが現実です。』

『(株)21の経営陣は、リストラの経験を持ち、売上ノルマも
 否定しているから、解決策の3番を選ぶしかありません。』
 
ワン太
ワン太
『天下の松下電器より2年も早く採用した退職金前払制度は、社員一人
 一人が自己責任で資金を運営するから、経営感覚が育つんだって!
 どんなに赤字が膨らんでも退職金が貰えるのは公務員だけだよ〜〜』
 
 


 
Copyright(C) 2008 人事破壊を実践した21世紀の会社(株)21 All Rights Reserved.