日本一の安さと社員の幸せを追求!人事破壊を実践した21世紀の会社(株)21
 
  
 
 
  登場人物
 
 
学生(男)
学生(女)
社長
 
記者
発明者
影の相談役

 
 
税務官
制服ワン太
Fitワン太
 
眼科医師
コンタクト
責任者
お客様
 
地元の
社長さん
    
 
 
 
60_公正取引委員会に審査請求
 「告発値下げ」で広告代理店やマスコミから
            説明を求められたものに対する回答集です。
マスコミ
マスコミ
『告発で(株)21のメリットは何ですか?』
 
社長
社長
『社員の雇用が守れます。』

『最近では、コンタクトレンズだけでなくメガネも
 激安価格で同様のシステムが広がりを見せています。』

『医院が診療報酬の一部で販売店の経費や人材派遣の支援を
 行えば販売店は最強の競争力を得る訳ですから、
 (株)21は競争に負けて倒産してしまいます。』

『「メガネやコンタクトを医療費で支払う方が良い。」と言う
 意見も有りますが、メガネもコンタクトも物品販売ですから、
 診療報酬を掻き集める「撒き餌」にする事は
 許されないと考えます。』

『よって、公正取引委員会に審査請求を致しました。
 公正取引委員会が問題無しと判断すれば、
 鰍Q1も同様のシステムを採用する事で
 生き残りを図らねば成りません。』

『しかし、(株)21が考える社会通念では
 「医販の癒着」と考えていますので
 公正取引委員会の判断を待つ必要が有ると考えています。』
 
ワン太
ワン太
『メガネ・コンタクトを激安! 診療報酬もガッポリ!
 頭の良い人は色んな事を考えるんだね。』
 
 


 
Copyright(C) 2008 人事破壊を実践した21世紀の会社(株)21 All Rights Reserved.