丸見え経営で日本一の安さを追求!人事破壊を実践した21世紀の会社(株)21
 
  
 
 
  登場人物
 
 
学生(男)
学生(女)
社長
 
記者
発明者
影の相談役

 
 
税務官
制服ワン太
Fitワン太
 
眼科医師
コンタクト
責任者
お客様
 
地元の
社長さん
    
 
 
 
30_取材等
 テレビ・雑誌等の取材時に、記者の方よりお受けした質問に対する回答集です。
記者
記者
『多数の社員が預金引出しに殺到した場合は?』
 
社長
社長
『資金面の危機管理は大切な事です。』

『信用不安が発生すれば銀行でも取付騒ぎになるように
 (株)21の経営陣が社員から不安を持たれれば、
 取付騒ぎが発生するでしょう。』  

『不安を持つ社員の比率によって対応が異なります。

 【0〜10%の場合】
  預金・資金残高の範囲内ですからスムーズに返済に応じます。

 【11〜30%の場合】
  経営陣の自宅担保で銀行借入を行い返済に応じます。
  担保提供者には利益配分を増加して報います。

 【31〜50%の場合】
  商品仕入を現金支払から手形支払に変更して返済に応じます。
  取引メーカーに対して年10%の金利分を上乗せして支払えば
  喜んで協力してくださると思います。

 【51〜90%の場合】
  手形決済を採用すれば、潤沢な資金が確保できますから
  100%の社員借入返済が可能です。
  「社員の会社」から「メーカーの販売店」に変貌して、
  社員の幸福よりメーカー様の幸福を優先します。

 【91〜100%の場合】
  殆どの社員が(株)21の存続を願わなければ会社を
  清算すべきだと考えます。 』
 
ワン太
ワン太
『相互信頼が崩壊すれば会社は消滅するんだって!!
  子曰く「信なくば立たず。」・・・かな?』
 
 


 
Copyright(C) 2008 人事破壊を実践した21世紀の会社(株)21 All Rights Reserved.