丸見え経営で日本一の安さを追求!人事破壊を実践した21世紀の会社(株)21   
 
 
 
 

 
  登場人物
 
 
学生(男)
学生(女)
社長
 
記者
発明者
影の相談役

 
 
税務官
制服ワン太
Fitワン太
 
眼科医師
コンタクト
責任者
お客様
 
地元の
社長さん
    
 
 
 
30_取材等
 テレビ・雑誌等の取材時に、記者の方よりお受けした質問に対する回答集です。
記者
記者
『「社員力と非課税相続」の内容を教えて下さい。』
 
社長
社長
『私はメガネ21の八代目社長です。
 創業から歴代社長は全てメガネ田中の出身で、先輩達は前会社で労働だけでなく、経営・出資・相続に尽力されました。
 
 松下幸之助翁の経営を手本に、社員力で会社を大きく成長させ、社員持株制や社員預金を学ばれました。
 詳しくはこちら
 「メガネ田中株式買受け予約」
 
 それを土台に「銀行地主論」を加味したメガネ21は、内部留保しながら後輩へ額面で株式譲渡する、新たな経営継承システムを構築しました。
 詳しくはこちら
 「会社に利益を残す方針に転換」
 
 社員の力を最大限に活かせば、非上場でも400年以上の経営継続が可能だと、竹中工務店様などが示されています。
 
 メガネ21も社員の出資力で分社化を促進し、経営継承を非課税で行う相続力で、「最後に倒産するメガネ店」を目指しています。
 
 トマ・ピケティは「21世紀の資本」で、貧富の格差解消は累進課税と提唱しているが、相続税対象範囲拡大も格差解消の一環と考えます。
 
 (株)21は
 役員報酬の上限設定や労働者の資本参加で、支配株主と少数株主の格差解消を図り、モラルの高い社員力で日本一の安さを追求しています。』
 
ワン太
ワン太
『社員は出資や相続でも頼りに成るんだって!』
 
 

© 1998 TwoOne Co., Ltd.