日本一の安さと社員の幸せを追求!人事破壊を実践した21世紀の会社(株)21             お問い合わせ
 
 
 
 
  登場人物
 
 
学生(男)
学生(女)
社長
 
記者
発明者
影の相談役

 
 
税務官
制服ワン太
Fitワン太
 
眼科医師
コンタクト
責任者
お客様
 
地元の
社長さん
    
 
 
 
30_取材等
 テレビ・雑誌等の取材時に、記者の方よりお受けした質問に対する回答集です。
記者
記者
『労働者から資金調達する事に違和感は有りませんか?』
 
社長
社長
『前会社を設立する時、故・会長は社員に49%の株式を与えました。』

『その後、社員預金でも資金を集めたのです。
 私達は共同経営者と呼ばれ共同出資することに違和感は湧きま
 せんでした。 なぜなら、社員の自主性が尊重されていましたし、
 配当も金利も充分いただいたからです。』

『(株)21でも自主性は尊重され、社員の多くは出資も社内預金も
 していません。 あくまで任意の出資です。
 勿論、給与や賞与から天引きする事もありません。 
 前会社より進んだことは、税務署さんから同族会社と判断されない
 ように、上位株主3人の占有率が50%を超えていない事です。
 これで、事務処理の合理化も出来ました。』

 
ワン太
ワン太
『前会社の会長さんって先進的な人だったんだな〜!!』
 
『1960年代に社員持株制を導入し、社員と共同経営を実践するなんて!
 だから、会社が急成長したんだろうな〜。』
『故・会長に会ってみたかったな〜!! と思う今日この頃です。』
 
 


 
Copyright(C) 2008 人事破壊を実践した21世紀の会社(株)21 All Rights Reserved.