丸見え経営で日本一の安さを追求!人事破壊を実践した21世紀の会社(株)21
 
  
 
  
 川島宏治の
 THEひろしま・プラス1

 2017年06月24日(土)〜30日(金)
  各日3回放送
   (1回目)10:00〜
   (2回目)19:00〜
   (3回目)23:30〜
 
 川島アナウンサーと創業者の平本の対談で

 「丸見え経営で日本一の安さを追求!」する21の経営が
 注目されるようになるまでの話や
 「鼻に跡がつかない」と好評いただいております
 「浮くメガネ」の商品開発に至る話など、
 幼少期の知恵を交え、和やかな雰囲気の中行われました。
 (収録:メガネ21本店にて)
 詳しくはこちら
 
 
 オトナへのトビラTV

 2014年05月08日(木)
    07:25〜07:54 放送
 
 「給料」というキーワードをもとに、働いて稼ぐことの意味や、

 働くことが社会を支えることにつながるのかをご紹介。
 特殊な給与形態として(株)21が紹介されました。
 
 
 有吉のバカだけど…     
    ニュースはじめました

 2014年02月07日(金)
        20:54〜22:54 放送
 
 「海外勢の台頭による大企業の低迷」「消費税増税を控える日本経済」…

 だが、そんな中でも成長を続ける企業がある。
 多くのお客様の支持を取り付ける企業の
 舞台裏では、一体どんな取り組みが行われているのか?

 社員すべての給料を公開する会社。
 更には、中間管理職なし、人事・経理・総務部なし、
 社長は四年で交代する任期制という「人事破壊」ともいえる経営方針を行っている
 会社として(株)21が紹介されました。
 
 
 とくダネ!

 2013年10月30日(水)
        08:00〜10:00 放送
 
 「社員が辞めない会社」として(株)21が紹介されました。

  
 
 そ〜だったのかンパニー

 2013年06月06日(日)
        09:30〜10:00 放送
 
 様々な「見える化」アイデアや、社員のやる気と自覚をアップさせ、

 業務の効率化をとことん目指すカンパニーの裏ワザなど、
 見え過ぎちゃって儲かる眼鏡カンパニーとして(株)21が紹介されました。
  
 
 ガイアの夜明け

 2013年04月23日(火曜日)
        22:00〜23:00 放送
 
 大卒入社社員の3年目の退職者の割合を離職率と言う。

 離職率の低い会社は何か若者を捉え離さないのか、
 決して給料だけではないやりがいがそこにあった。
 独自のやり方で若手社員を教育し、定着率を高め、
 ひいては業績アップにつなげている会社を取材する。
 
 「シリーズ 働き方が変わる 第3弾」にて、(株)21の経営・開発が紹介されました。
 
 
知りたがり!

 2013年2月18日(月曜日)
        14:00〜15:52 放送

 「利益が出たら社員で分配」・ 徹底的な経費削減・内部留保ゼロの経営として

  (株)21が紹介されました。
  

新報道2001

 2012年12月23日(日曜日)
        07:30〜8:55 放送

 内部留保ゼロの経営が紹介されました。

  

 戦士の逸品


 2011年07月12日(火曜日)
        22:54〜23:00 放送

 様々な場面で活躍するに日本の実業家が出演し、

 あらゆる場面で肌身離さず愛用している品物を紹介する番組に、
 (株)21創立者の平本清が出演しました。

 平本の逸品は「ティファニーのブレスレット」。

 
特集内容はこちら

 がっちりマンデー


 2011年06月19日(日曜日)
        07:30〜08:00 放送

 設立から25年で全国約130店舗!

 従業員200名足らずなのに、グループ総売上はナント84億円!
 広島発の不思議な会社として(株)21が紹介されました。
 21のオープン経営はもちろん、
 自社ブランドメガネ「Fit」についても大きく取り上げられました。
 
 
特集内容はこちら

 New モーニングサテライト


 2010年09月29日(水曜日)
        05:45〜06:40 放送

 社長の任期は4年間。
 給料や報酬はすべて社内のネットで公開し、額もみなで話し合って決める。
 (株)21のユニークな経営が紹介されました。
 
 特集内容はこちら

 カンブリア宮殿


 2009年12月21日(月曜日)
        22:00〜22:45 放送

 激しく揺れ動いた2009年を
 バラエティーに富んだカンブリア宮殿のゲストたちで
 振り返る年末特別企画。

 
 特集内容はこちら

 たけしのニッポンのミカタ

 2009年12月18日(金曜日)
         22:00〜22:55 放送

「利益を追うな!出世を望むな!」にて
 株式会社21が紹介されました。


 
放送内容はこちら 

 スーパーJチャンネル

 
 2009年11月20日(金曜日)
17:15〜20分頃(約20分間)特集

 『スーパーJチャンネル』にて株式会社21について紹介されました。 

 中日新聞
 2009年10月27日(火曜日)

 
「中日新聞」にて、岐阜JC公開例会の模様が取り上げられました。
 講演では株式会社21のユニークな経営手法に至る経緯を紹介。

 記事の内容はこちら

 岐阜新聞
 2009年10月25日(日曜日)

 
岐阜青年会議所で公開された講演の模様が取り上げられました。
 講演は「働きがいを徹底追及した会社の挑戦」と題し、
 職場の活性化や自己実現につなげてもらおうと、
 一般市民にも参加を呼びかけ、年に2回実施している。

 
 記事の内容はこちら

 まる得生テレビ イチオシ。

 2009年10月7日(水曜日)
         9:55〜10:25 放送

 『まる得生テレビ イチオシ。』にて、
 21の本「
会社にお金を残ない!が紹介されました。 

 カンブリア宮殿

 2009年6月22日/29日(月曜日)
          10:00〜10:45放送

 
「カンブリア宮殿」にて、ノルマなし、内部留保なし、管理職もなし、
 会社に利益を残さず、儲けた金は社員に分配・・・
 ユニークな会社経営として2週にわたって特集されました。

 特集内容が掲載されているHPはこちら

 とくダネ!
   〜情報プレゼンター〜

 2007年12月13日(木曜日)
          8:00〜9:55

  
「とくダネ!」冬のボーナス特集にて、
  利益を残さず値下げと賞与で
  お客様と社員に還元する(株)21の、
  ユニークな給与体系が紹介されました。
  数分の放送でしたが、補足も兼ねまして

  取材内容を掲載しておりますのでご覧下さい。

  【高い原価率で多額の賞与が支払えるのは何故ですか?】

 日経BP社
    bpspecial ITマネジメント
2004年9月21日

  
100年超の持続可能性が見える強い企業
              「メガネの21」
   ITを徹底活用した”真の”情報共有が最大のカギ
   
  として、株式会社21にスポットを当てたコラムを掲載。
               (*掲載終了)


 第1回: “真の”情報共有が生み出す本当に「強い企業」
 第2回: ユニーク経営はすべて「オヤジ」から学んだ
 第3回: 反面教師
 第4回: リストラ中年社員立ち上がる
 第5回: ゼロからのスタート
 第6回: 気配り
 第7回: 女性社員の力
 第8回: 社長交代
 第9回: 良い分散、良い集合
 第10回: RC、FC、VC

 外伝その1: 女性を接客の中心に据えているワケ
 外伝その2: 9割引より安い4割引
 外伝その3: 定休日があり、ノルマがないメガネチェーン
 外伝その4: 21コンタクト誕生秘話
        ──共同体意識はこう作られた

  第11回: 4つの職制 “高橋騒動”顛末記
 第12回: 4つの職制(2)
        「ギブアップ宣言」と「席替え」
  第13回: 評価はアバウト、だが的確
  第14回: “小さな政府”政策
  第15回: ゴールデンコンビ 
  第16回: “老害台風”を防ぐため平本から池本体制へ
  第17回: 揺れる経営体制〜「責任分担制」に移行 〜

  外伝その5: もう一つの女性社員活用事例

  第18回: 「良い分散」の新しい形

 

  NIKKEI NET | IT+PLUS 
2006年6月9日〜7月27日まで連載

  
「リストラ組」が起こしたメガネ革命
   
 として株式会社21に
       スポットを当てたコラムが連載。

 第1回:「大粛清」の嵐から再出発
 第2回:社長は任期4年の「当番制」 第3回:A社の総攻撃を耐え切れた理由
 第4回:全社員の給料をガラス張りに
 第5回:「ノルマなしの経営」を支えるIT活用
 第6回(最終回):POSシステムなんていらない

  社長は権限を一切持たない、任期4年の当番制」
  「利益はすべて社員の報酬とメガネの値下げに還元」
  「イントラネットで社長を含め全社員の給与明細を公開」
  「銀行からお金を借りず、すべて社員からの借金で賄う」
  「売上高や利益の目標値は一切なく、ノルマもない」―。
  これまでの常識とは全く異なる型破りな経営で
  世間をびっくりさせている企業が
  メガネ小売りチェーンのトゥーワン(21)だ。(本文抜粋)

    「ビジネス未来人」

2005年10月21日(金)
    22:15〜22:50放送 
NHK教育 22:25〜22:50
       (毎週金曜日)放送

  
「“みんな平等”で利益を生む」

 として、株式会社21が25分間紹介されました。
 3つに章立てられて、とても分かりやすい
  内容になっている。。

 “みんな平等”で利益を生む(前)
  人事破壊で、社長といえども接客をする。
  社員全員が売り上げに直結した仕事をする戦略だ。
  結果、創業以来19年で、売り上げが40倍、
  直営店舗が22にまで成長した。

 “みんな平等”で利益を生む(後)
  社内の上下関係にとらわれず、
  客との関係に専念できる組織を目指した。
  しかし、ベテラン社員には
  昇進という目標がなくなってしまう。
  その対策としてまず社員に会社へ出資をしてもらい、
  利益のほとんどを出資した社員に
  分配するという仕組みを作った。
  会社の方針決定や決済は社内ネットワークを活用し、
  社員全員で決める仕組みを編み出した。
  設備投資、人事異動、新規の出店計画。
  こうした提案は2日以内に反対意見がなければ、
  社員全員が黙認したとみなし、すぐに実行に移せる。
  組織を平等にすることで生まれた手間と、
  時間を省く決済の仕組み。
  これによって、販売業務に集中できるだけでなく、
  経費の削減にも成功している。

 “平等”が生んだ新しいめがね
  「白内障の手術をした子供が、
  安心してかけられるめがねが必要です」
  ある母親から相談を持ちかけられた入社6年目の若手、
  米田さんは社内ネットに書き込みをした。
  改善策について米田さんや他の社員たち
  とネット上で意見を交換。
  結論はレンズを割れにくい素材に替えることだった
  最初の提案からわずか20日後。
  レンズが割れにくい画期的なめがねが完成した

 <再放送>
 2005年10月28日(金)05:05〜05:29
 2005年11月14日(月)10:30〜10:54
 
 

 
Copyright(C) 2008 人事破壊を実践した21世紀の会社(株)21 All Rights Reserved.