丸見え経営で日本一の安さを追求!人事破壊を実践した21世紀の会社(株)21   
 
 
 
 

 
  登場人物
 
 
学生(男)
学生(女)
社長
 
記者
発明者
影の相談役

 
 
税務官
制服ワン太
Fitワン太
 
眼科医師
コンタクト
責任者
お客様
 
地元の
社長さん
    
 
 
 
02_面接(2)
 面接時にお受けした質問に対する回答集(2)です。
学生さん
学生さん
『日本一の安さを追求と言う経営方針の起因を教えて下さい。』
 
社長
社長
『決して創業時に高邁な経営哲学を持っていた訳では有りません。
 創業1年目で会社存亡の危機に陥り、何とかしなければと考え抜いた打開策が「紹介システム」です。
 社員の知人縁者だけでなく、お客様からも紹介して頂こうと言う「虫の良い」考えです。』
 
『お客様に(株)21の宣伝を、お願いするのですから、条件提示が必要です。』
 
『そこで、
「会社が大きくなっても初心を忘れず安く販売しますから、ご家族・ご親戚・ご友人の方を紹介して下さい。」と、お願いし続けました。』
 
『虫の良い願いでしたが、お客様は私達を信用して下さり多くの方が、(株)21を紹介して頂き、1店舗で1ヶ月に150名を超える紹介客があり、倒産の危機を乗り越え(株)21は大きくなりました。
 よって、
 この約束を守るためには「日本一の安さを追求」しなければなりません。』
 
『また、
 安月給にも関わらず、社員達が資金提供で株21を支えてくれました。
 社員の自己資金で自分の職場を確保する会社ですから、資本家と社員が同じであり、管理監督者が不要なのです。
 よって
 通常では不可能とされる
「お客様には安く販売して社員には高給を支払う。」が実践できています。』
 
ワン太
ワン太
『そっかあ!「日本一の安さを追求」というのは、21の初心と感謝の表れなんだね!
 走れメロスも信じてくれた友達に応えるために走り通したもんね!』
 
 

© 1998 TwoOne Co., Ltd.