日本一の安さと社員の幸せを追求!人事破壊を実践した21世紀の会社(株)21             お問い合わせ
 
 
 
 
  登場人物
 
 
学生(男)
学生(女)
社長
 
記者
発明者
影の相談役

 
 
税務官
制服ワン太
Fitワン太
 
眼科医師
コンタクト
責任者
お客様
 
地元の
社長さん
    
 
 
 
30_取材等
 テレビ・雑誌等の取材時に、記者の方よりお受けした質問に対する回答集です。
講師
講師
『利益を出しても株主には無配当なのですね。』
 
社長
社長
『ご指摘の通りです。
会社に利益を出しても永遠に株式配当は有りません。
 
利益がでたら元金返済準備金の名目で会社へ内部留保します。
 
しかし、社員が株式を購入すれば資金調達に貢献した訳ですから
評価に繋げ賞与に反映します。』
 
『箇条書きにしますと
 
(1)法人所得税を支払った後に株式配当を行うと
 配当金に対して総合課税がかかり2重課税となり不合理と考えます。
 
(2)株を購入した社員は資金調達に貢献したと評価されるので
 株を持とうという意欲が湧きます。
 
(3)配当金が出ないから退職される社員は
 株式をスムースに譲渡しますので権限委譲がとても簡単です。
 
(4)社員持株制で配当還元株価売買の非課税相続が可能だから
 世代交代の経営継承もスムースに行えます。』
 
ワン太
ワン太
『マジシャンの手品を見るようなシステムだと講師の先生がビックリしてたよ。』
 
 


 
Copyright(C) 2008 人事破壊を実践した21世紀の会社(株)21 All Rights Reserved.