日本一の安さと社員の幸せを追求!人事破壊を実践した21世紀の会社(株)21             お問い合わせ
 
 
 
 
  登場人物
 
 
学生(男)
学生(女)
社長
 
記者
発明者
影の相談役

 
 
税務官
制服ワン太
Fitワン太
 
眼科医師
コンタクト
責任者
お客様
 
地元の
社長さん
    
 
 
 
02_面接(2)
 面接時にお受けした質問に対する回答集(2)です。
学生さん
学生さん
『テレビを見ました。何を評価して賞与を決めるのですか?』
 
社長
社長
『やはり気になりますか。 本当に多くの方が同じ質問をされます。』

”経営とは評価である” と考えています。 人事評価も大変重要です。
 人事評価には、アイデア・業績・協調性・個性・労働時間・資金調達等
 多くのカテゴリーがあります。』

『故に、一般の会社は人事部を重要視しています。
 しかし、(株)21は人事部も「人事破壊」の対象にしました。
 人事評価や教育に膨大な資金を注ぎ込むより、賞与を増やす方が
 社員のやる気が出ると確信したのです。』

残業時間だけで評価すれば、覚えが悪く、仕事の遅い人の残業手当
 が多くなります。』

個人の業績を重要視して評価すれば、裏方の仕事やアシスト役
 から不満が出ます。』

お店の損益を評価に反映すれば、赤字店の建て直しに、優秀な人材
 を投入でき難くします。』

出資額を単純に貢献度と考えれば、潤沢な資金がある時に出資が
 増えます。(例えるなら、天気が良い時に傘を借りたくない。)
 会社が危うい時に資金調達能力を高く評価すべきと考えています。』

『・・・等々、色々な評価カテゴリーに偏差値を付けて、評価するのは
 膨大な作業となります。 だから(株)21では、かなりアバウトな
 評価点を付けて、全社員に公開し修正をします
 勿論、私を含めて全社員の給与・賞与が公開されています。』
 
ワン太
ワン太
『わかったかな〜。評価や教育にかかる費用を社員の賞与に回しているんだ。』

『しかも、会社に利益を残さず、社長の役員報酬に上限を設けて、
 社員の賞与を高額にしているから、不満が出ないんだ。』
 
 


 
Copyright(C) 2008 人事破壊を実践した21世紀の会社(株)21 All Rights Reserved.