日本一の安さと社員の幸せを追求!人事破壊を実践した21世紀の会社(株)21             お問い合わせ
 
 
 
 
  登場人物
 
 
学生(男)
学生(女)
社長
 
記者
発明者
影の相談役

 
 
税務官
制服ワン太
Fitワン太
 
眼科医師
コンタクト
責任者
お客様
 
地元の
社長さん
    
 
 
 
01_面接(1)
 面接時にお受けした質問に対する回答集(1)です。
学生さん
学生さん
『経営者を目指す義務があるのですか?』
 
社長
社長
『フーム』

『眼鏡技術者としてのピークは30歳位で、一人の生産性も
 低く、年功序列で高給を支払い続けられない業界です。
 出る杭は打たれ、退職を余儀なくされる場合もあります。』

『(株)21は ”出る杭”のサラリーマンが解雇・退職の
 経験を生かして、自分のお金で自分の職場を確保するため
 会社を設立しました。』

『若い頃に貯蓄して独立するか、
 共同経営者や共同出資者として成果分配を得なければ、
 子供の教育費や自宅も購入出来ないでしょう。』
 
ワン太
ワン太
『毎年多くの、男子学生さんが眼鏡業界に入られます。
 若い内は、綺麗で涼しく・暖かく・軽作業の職場でラッキー
 と判断されるのでしょうが、30歳を越えてから退職が
 目立ちはじめます、40歳を超えての退職は地獄と化します。』
 
『特殊な業界に永く居ると他の仕事ができなくなり、他の眼鏡店
 へ転職する度に給料が激減するのが現状です。』
 
『40歳以上の社員が多く、楽しく働いていれば労働条件が
 良い会社と判断できます。
 (株)21は、自宅を建てるのも、自分の職場を創るのも
 自己資金で!をモットーとして40歳を超えても、
 世間並みの給与が貰える職場を自ら創る方針なのです。』
 
 


 
Copyright(C) 2008 人事破壊を実践した21世紀の会社(株)21 All Rights Reserved.